処方箋不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

フェイキックIOLとは?メリット・デメリット&レーシックとの比較

Pocket

フェイキックIOL

近年、近視矯正の選択肢の1つとして登場したのが、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)です。

このフェイキックIOLの登場により、レーシックとは全く違った方法で近視を矯正することができるようになりました。

フェイキックIOLがどのようなものか、レーシックとどのような違いがあるのか説明します。

フェイキックIOL(ICL)とは

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは、角膜と水晶体の間にICLと呼ばれる特殊な眼内レンズを挿入することで、近視を矯正する方法です。

この手術は、白内障(水晶体が白く濁って視力が低下する病気)の手術を応用したもので、基本的には白内障手術の際に水晶体を人工の眼内レンズと交換するのと仕組みは同じです。

一度挿入した眼内レンズは交換する必要がないので、フェイキックIOLは永久コンタクトレンズとも呼ばれています。

フェイキックIOLの手術詳細・費用

フェイキックIOLの手術の内容、手術の流れ、費用について説明します。

手術内容

手術は目薬で麻酔で行った上で、黒目と白目の境目に数ミリ切開します。その切開したところから、眼内レンズを挿入して、虹彩と水晶体の間に固定させます。切開した傷口は糸で縫合することなく、眼内圧により自然に閉じます。

眼内レンズは、以後手入れをしたり取り出したりする必要はなく、半永久的に眼内で安定します。

手術の流れ

下記の流れで手術を行います。

手術は片目10分から15分程度で終わり、両目合わせても30分はかからない程度です。

1.点眼麻酔を行う

2.黒目と白目の境目を切開する

3.眼内レンズを挿入する

4.眼内レンズが正しい位置に挿入できていることを確認して終了

費用・料金

手術の費用は両眼50~70万円程度です。

手術の費用は病院や使用する眼内レンズの種類により異なります。

なお、乱視の矯正が必要な場合、さらに10万円程度必要となります。

フェイキックIOLが適さない人

フェイキックIOLは以下の条件に当てはまる人は手術を受けることができません。

  • 年齢が21才未満の人
  • 散瞳剤を点眼しても瞳孔の開きが悪い人、眼内レンズを入れるスペースが狭い人
  • 妊娠中又は授乳中の人
  • 緑内障や白内障、黄斑変性症など目の病気がある人
  • 糖尿病や膠原病などの重篤な全身疾患がある人
  • その他、医師が不適当と判断した人

フェイキックIOLのデメリット(副作用、注意点など)

フェイキックIOLでデメリットして、副作用や注意点など気になる点を説明します。

準備期間が必要

フェイキックIOLで使用する眼内レンズはオーダーメイドとなるため、事前に検査を行った上で眼内レンズの仕上がりまでに1~3か月程度期間が必要となります。

レーシックのように、すぐに手術が受けられるというものではありません。手術を決めたら、早めに受診する必要があります。

手術後の見え方

手術直後より視力の改善は体感することができますが、手術後数日間は全体的にかすんだり、ぼやけたりすることがあります。術後1週間あたりで安定してくる場合が多いです。

また、切開した傷口がしばらく赤くなっていますが、これも問題はなく1週間を目安に改善してきます。

ハロー・グレア現象

人工の眼内レンズの影響で、暗い所で光がにじんだり、光の周囲がぼんやりと見えたり、周囲に光が入って見えたりするハロー・グレアを発症することがあります。

手術後、だんだんと慣れてくる人が多く、少し気になっても日常生活にはほとんど支障ありません。

なお、レーシックに比べるとこの症状の程度は低く、気になる人はほとんどいません。症状がひどい場合は、眼内レンズを外すことで元に戻すことができます。

老眼

40歳を超えて手術をする場合には、老眼の症状がでることを覚えておく必要があります。

近視を矯正して遠くが見えるようになっても、老眼になり近くが見えにくくなるので老眼鏡や遠近両用コンタクトレンズが必要となる可能性があります。

白内障

白内障にかかるリスクが高まる可能性があります。

眼内レンズの大きさが自身の目に合わなかった場合やうまく取り付けが出来なかった場合、取り付けた眼内レンズが水晶体に当たることで、水晶体が炎症を起こしたり白濁することで、白内障を発症する可能性があるのです。

また、白内障にかかってしまい、水晶体を人工の眼内レンズと交換する必要が出てきた場合は、フェイキックIOLで取り付けた眼内レンズを外す必要があります。

その他リスク

見え方が満足いかなかったために眼内レンズを入れ替え、または摘出することがあります。

極めて稀ですが、感染症のリスクもあります。特に症例が少ない病院で手術を受ける場合には、眼内レンズが合わなかったり、感染症を発症したりすることがありますので、病院選びにはくれぐれも気を付けて下さい。

フェイキックIOL(ICL)良くある質問

ここでフェイキックIOL(ICL)で気になる点や良くある質問をまとめてみました。

フェイキックIOLを検討中の方は参考にしてください。

運転免許証の眼鏡等の条件は外れる?

レーシックと同様に運転免許は「眼鏡等」の条件を外すことが出来ます。

別途、運転免許試験場や警察署で申請が必要です。申請をせずに免許証に「眼鏡等」の条件がついたまま、裸眼で運転をしていると「免許条件違反」になり罰則が科せられますので注意して下さい。

手入れは不要?

眼内レンズの素材は眼内で汚れたり劣化したりしない素材でできているため、手入れは不要です。

ただし、術後の検査は必要です。通常、翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後、以降1年毎に定期検査を行い、視力の回復度合いや眼内レンズの適合性などを検査します。

保険は効く?医療費控除の対象?

健康保険は適応されません。

ただし、任意で加入している医療保険には適応される場合があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

また、医療費控除の対象にはなるので、領収書は保管しておきましょう。

ずれたり違和感はない?

まれに眼内レンズがずれてしまうことはあります。その時は視力が低下するので、再手術で入れなおす必要があります。

また、炎症による違和感は術後1週間程度続くこともありますが、その後おさまってきます。

レーシックとの比較

同じく近視矯正法であるレーシックとの比較表を掲載します。

フェイキックIOLの方がレーシックより後遺症のリスクが低いのですが、症例が少なく、費用が高額なのが難点です。

どちらも近視に対して優れた治療法ですが、一長一短がありますので良く検討して下さい。

フェイキックIOL レーシック
メリット
  • 強度近視や角膜が薄いためにレーシックが適さない人でも手術が可能
  • 万が一レンズが合わなかった場合や何か後遺症が生じた場合、レンズを交換・摘出可能
  • レーシックに比べてグレアやハローが生じにくく、見え方が鮮明
  • 10万円以下で手術も可能であり、値段が安い
  • 行っている施設が多く、症例が多い
デメリット
  • 両眼で50~70万円と費用が高い
  • 眼内レンズと水晶体が擦れて、白内障になるリスクがある
  • 施術できる施設が少なく、症例が少ない
  • 副作用や後遺症が残る可能性がある
  • 事前に効果を試すことが出来ない
  • 一度手術する元に戻せない
費用 50万円~70万円 7万円~40万円

まとめ

フェイキックIOLは、近視矯正手術の新しい方法として少しずつ普及してきました。

金額的な面ではレーシックに比べるとまだまだ高いですが、角膜を削ることなく近視矯正できるのは、安全面からみてもかなり良い方法だといえます。

近視矯正手術をお考えの人は、レーシックだけでなく、フェイキックIOLも検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook