処方箋不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

2017年最新版 酸素透過率ランキングとおすすめコンタクトレンズ

Pocket

コンタクトレンズ酸素透過率ランキング

コンタクトレンズの性能で重要なのが『酸素透過率』と呼ばれる値です。

酸素透過率とは、コンタクトレンズがどれくらい酸素を通すことができるか数値化したもので、Dk/Lという単位を使います。

酸素透過率が低いと目が酸素を取り込むことが出来ず、目が酸欠状態となるため、目が疲れやすくなり、痛みが出たり、目の病気になる可能性があります。

一方、酸素透過率が高いコンタクトレンズは目が疲れることが少なく、付け心地が快適です。

最近は新素材のシリコーンハイドロゲル素材を使った、酸素透過率が高いコンタクトレンズが数多く発売されています。

今回は目の健康に重要な『酸素透過率』をランキング化してみました。なるべく酸素透過率が高いコンタクトレンズを使用して、快適な一日を過ごしましょう。

酸素透過率ランキング -1dayタイプ-

まずは1dayタイプの酸素透過率ランキングの紹介です。

酸素透過率は1日中コンタクトレンズを使う人ならば、最低でも20.0Dk/Lは欲しいところです。ウェイブワンデーUVエアスリムがぎりぎりでしょうか。

目の健康を考えて快適に過ごしたいならば、酸素透過率は100.0Dk/L以上がおすすめです。

100.0Dk/L以上あるコンタクトレンズであれば、夜中まで長時間つけていても目が疲れることが少ないですし、多少のうたた寝をしても寝起きの嫌な感じはないでしょう。

なお、表中のベースカーブ(BC)とはレンズの曲がり具合のことで、今使っているコンタクトのベースカーブと0.3ずれると違和感を感じやすくなります。

コンタクトレンズを乗り換えるときに参考にしてください。

表は左右にスクロールできます

1dayタイプのおすすめコンタクトレンズは?

1dayタイプで一番酸素透過率が高く、おすすめなのがアルコンのディリーズトータルワンです。

酸素透過率156Dk/Lは他のコンタクトレンズを大きく上回っており、目の健康に一番良いコンタクトレンズと言えるでしょう。

装着感の良さや乾燥感の少なさも抜群で、快適なコンタクトレンズです。

他のコンタクトレンズからの乗り換えを検討されている方は、一度試してみると良いでしょう。

ディリーズトータルワンの詳細は下記のページをご確認ください。

デイリーズトータルワンはアルコンの1日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。 2014年に発売した比較的新しい商品で、アルコンが独自に開発したウォーターグラデ・・・

酸素透過率ランキング -2week、1monthタイプ-

次に2week、1monthタイプの酸素透過率ランキングの紹介です。

1monthタイプは数が少ないため、2weekと合わせて紹介します。

2week、1monthタイプは日々の手入れが必要です。洗浄をきちんと行わないと汚れが邪魔をして、酸素透過率が下記の値よりも下がりますので注意が必要です。

レンズ名 レンズタイプ 酸素透過率(Dk/L) ベースカーブ
エアオプティクスEXアクア 1month 175 8.4/8.6
2weekメニコンプレミオ 2week 161 8.3/8.6
バイオフィニティ 2week 160 8.6
ロートモイストアイ 2week 160 8.6
アキュビューオアシス 2week 147 8.4/8.8
エアオプティクスアクア 2week 138 8.6
フレッシュフィットコンフォートモイスト 2week 130 8.6
アキュビューアドバンス 2week 85.7 8.3/8.7
2ウィークピュアうるおいプラス 2week 33.3 8.6
2ウィークアキュビュー 2week 33.3 8.3/8.7
メダリストプラス 2week 27.1 8.4/8.7/9.0
2ウィークアクエア 2week 21.0 8.6
2ウィークファインUV 2week 17.1 8.7
ウェイブ2ウィークUV 2week 17.1 8.7
メダリストⅡ 2week 15.7 8.6
エルコン2ウィークUV 2week 14.3 8.7
表は左右にスクロールできます

なお、表中のバイオフィニティとロートモイストアイは名称のみ異なるだけで同一製品です。バイオフィニティの方が安いので購入するならばバイオフィニティが良いでしょう。

2weekタイプのおすすめコンタクトレンズは?

2weekでおすすめのコンタクトレンズはクーパービジョンのバイオフィニティです。

付け心地が抜群によく、乾燥がほとんどないので、快適さNo.1です。

酸素透過率はエアオプティクスEXアクアや2weekメニコンプレミオにやや劣りますが、それでも160Dk/Lと十分な値ですので、目が疲れることがほとんどありません。

2Weekタイプのコンタクトレンズで乗り換えをご検討の方は、まずはバイオフィニティを試してみてくださいね。

バイオフィニティの詳細は下記のページをご確認ください。

バイオフィニティはクーパービジョンの2週間使い捨てタイプのコンタクトレンズです。次世代素材「シリコーンハイドロゲル」を使用し、高い酸素透過率(酸素透過率 (DK/L):・・・

酸素透過率ランキング -乱視用-

最後に乱視用コンタクトレンズの酸素透過率ランキングの紹介です。

乱視用は数が少ないため、1day、2weekと合わせて紹介します。

レンズ名 レンズタイプ 酸素透過率(Dk/L) ベースカーブ
メニコンプレミオトーリック 2week 161 8.6
アキュビューオアシス乱視用 2week 129 8.8
バイオフィニティトーリック 2week 116 8.7
ロートモイストアイ乱視用 2week 116 8.7
エアオプティクス乱視用 2week 108 8.7
フレッシュフィットコンフォートモイスト乱視用 2week 91.0 8.9
マイデイトーリック 1day 80.0 8.6
ワンデーアキュビューモイスト乱視用 1day 31.1 8.5
ワンデーピュアうるおいプラス乱視用 1day 30.0 8.8
デイリーズアクアコンフォートプラストーリック 1day 26.0 8.8
ワンデーアクエアトーリック 1day 18.1 8.7
メダリストワンデープラス乱視用 1day 17.6 8.6
メダリスト66トーリック 2week 16.4 8.5
表は左右にスクロールできます

なお、表中のバイオフィニティトーリックとロートモイストアイ乱視用は名称のみ異なるだけで同一製品です。ロートモイストアイ乱視用の方が安いので購入するならばロートモイストアイ乱視用が良いでしょう。

乱視用コンタクトレンズのおすすめは?

乱視用でおすすめのコンタクトレンズはジョンソン&ジョンソンのアキュビューオアシス乱視用です。

酸素透過率ではメニコンプレミオトーリックに劣るのですが、メニコンプレミオトーリックはレンズが少し硬く、装着時に異物感を感じる方が多いのが弱点です。

一方、アキュビューオアシス乱視用は装着感、乾燥しにくさともに乱視用コンタクトレンズで一番評価が高く、売れ筋もNO.1です。

乱視用コンタクトレンズで乗り換えをご検討の方は、ぜひアキュビューオアシス乱視用を試してみてください。

アキュビューオアシス乱視用の詳細は下記のページをご確認ください。

アキュビューオアシス乱視用はジョンソン&ジョンソンの2週間使い捨てタイプの乱視用コンタクトレンズです。新素材の「シリコンハイドロゲル」により、装着感が良く、裸眼時の・・・

まとめ

冒頭でも説明した通り、コンタクトがどれだけ酸素を通すかの性能値である酸素透過率は目の健康にとって重要です。

酸素透過率が低いコンタクトレンズを長時間使用すると、目が痛くなったり充血することがありますし、目の病気になるリスクもあります。

コンタクトレンズを選ぶ際には酸素透過率を重視するようにしましょう。

今回紹介したおすすめコンタクトレンズも是非試してみてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook