処方箋不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

コスパ抜群!1箱1,500円以下!低価格おすすめ1dayコンタクトレンズ

Pocket

低価格おすすめ1dayコンタクトレンズ

『2weekタイプのコンタクトレンズは手入れが面倒!1dayタイプのコンタクトレンズを使いたいけど、価格が高い』とお困りの方も多いと思います。

実は通販ならば、1箱1,500円以下と低価格で1dayタイプのコンタクトレンズが購入できるのです。眼科の処方せんは不要で、スマホやパソコンから簡単に購入することができます。

もちろん、安いからと言って品質が悪いわけではありません。つけ心地が快適で、口コミ・評判が良い商品です。

今回は、低価格で購入できて、コストパフォーマンスが抜群なおすすめコンタクトレンズを紹介します。

低価格1dayタイプのコンタクトレンズの一覧

まずは、1箱1,500円以下で購入できるコンタクトレンズの全商品を紹介します。

眼科や専門店でコンタクトレンズを購入すると、大体1箱あたり3,000円近くかかりますよね?それが半額の1,500円以下で購入できるのでかなりお得です。

安い商品としては、昔からある定番商品やコンタクトレンズ通販ショップがメーカーと協力して売り出したOEM商品が多いですね。デイリーズアクアやメダリストワンデープラスのようなロングセラー商品からクレオワンデーUVやウェイブワンデーUVなど最近売り出した商品まで様々です。

なお、表中の酸素透過率(Dk/L)とは、コンタクトレンズが目に酸素を通す性能を示す値のことです。

酸素透過率が低い商品は、目の疲れや充血、さらには目の病気の原因となります。目安としては、酸素透過率(Dk/L)が20.0以上のものを選ぶと良いでしょう。

レンズ名 最安価格 酸素透過率
(Dk/L)
ベースカーブ
(BC)
販売ショップ
ワンデーリフレア 1,170円 13.6 8.7 コンタクトさん
デイリーズアクア 1,184円 26.0 8.6 レンズオン
ウェイブワンデーUV
ウォータースリム
1,378円 40.0 8.8 レンズアップル
ウェイブワンデーUV
エアスリム
1,378円 20.0 8.7 レンズアップル
エルコンワンデー 1,311円 11.3 8.7
9.0
レンズオン
クレオワンデーUV 1,440円 25.0 8.7 アットスタイル
メダリストワンデープラス 1,418円 24.4 8.6 レンズオン
表は左右にスクロールできます

コスパ抜群!低価格1dayタイプでおすすめコンタクトレンズは?

1箱1,500円以下の低価格1dayタイプで一番のおすすめは『ウェイブワンデーUVウォータースリム』です。

コンタクト通販ショップの『レンズアップル』『レンズオン』などを運営する株式会社パレンテが販売するコンタクトレンズで、酸素透過率が低価格1dayタイプの中で一番高く、目の疲れを感じにくいコンタクトレンズです。

さらに、ヒアルロン酸の約2倍の高い保湿力を持つMPCポリマーを配合することで、うるおいたっぷりで装着感が良く、長時間つけていても乾燥を感じにくいのがポイントです。

低価格なコンタクトレンズでは一番性能が良いレンズですね。UVカット機能が付いているのも魅力的です。

ウェイブワンデーUVウォータースリムの詳細は下記のページをご確認ください。

ウェイブワンデーUVウォータースリムはレンズアップル、レンズオンなどのコンタクトレンズ通販サイトを運営する株式会社パレンテの1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ・・・

低価格1dayタイプのデメリットは?注意点はない?

低価格1dayタイプのコンタクトレンズを選ぶときのデメリットとしては、次の3点です。

  • 性能を求める人には向いていない
  • ベースカーブの種類が少ない
  • 知名度が低いものが多い

性能を求める人には向いていない

最新のコンタクトレンズは高性能なシリコーンハイドロゲルという素材を使っているため、酸素透過率(Dk/L)が100以上で、レンズが裸眼時に比べて98%~99%程度の酸素を通します。目の充血や目の疲れを感じることがなく、長時間つけていても快適ですし、短時間のうたた寝程度であれば全く問題はありません。

一方、上で紹介した低価格帯のコンタクトレンズは、酸素透過率(Dk/L)が40.0以下で、レンズが酸素を通す割合は裸眼時に比べて60%~80%程度です。唯一、ウェイブワンデーUVウォータースリムのみ90%程度酸素を通します。

最新のコンタクトレンズに比べると目の違和感は感じやすいですし、長時間装用すると、目の乾燥や疲れを感じることがあるかもしれません。今までシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズを使っていた方には向いていないでしょう。

ベースカーブの種類が少ない

高価格帯のコンタクトレンズはベースカーブを2種類用意していることが多いのですが、低価格帯のコンタクトレンズはベースカーブを1種類しか用意していません。

唯一、エルコンワンデーのベースカーブが2種類(8.7と9.0)取り扱っています。

普段使っているレンズとベースカーブが0.3離れると違和感を感じることが多くなるので注意が必要です。

知名度が低いものが多い

低価格帯のコンタクトレンズは広告にお金をかけていないため、知名度が低いものがほとんどです。

名前を聞いたことがないコンタクトレンズも多々あり、心配する方もいるかと思いますが、気に入らなかったら使用後でも返品可のお試し購入ができるレンズがほとんどですので、まずは試してみると良いでしょう。

上でおすすめした『ウェイブワンデーUVウォータースリム』も返送料不要で開封後でも返品・返金OKの全額返金制度があり、安心して購入することが出来ます。

まとめ

低価格1dayタイプのコンタクトレンズは種類は多くありませんが、1箱1,300円程度と眼科や専門店の半額以下で購入できるのはかなり魅力的です。

低価格1dayタイプのコンタクトレンズでも特に『ウェイブワンデーUVウォータースリム』は乾燥しにくく、UVカット機能付きとコストパフォーマンスに優れているためおすすめです。

お手頃価格のコンタクトレンズを探している方はぜひ試してみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook