処方箋不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

スキューバダイビングでコンタクトレンズは使ってよい?

Pocket

スキューバダイビングでコンタクトレンズ

夏休みや長期休暇にグアム・ハワイなどの海外リゾートや沖縄などに行ってスキューバダイビングをしたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、視力が悪く、コンタクトレンズがないと何も見えない人は「コンタクトレンズをつけたままスキューバダイビングをしても大丈夫?」と疑問をもっているかもしれません。

今回は、「スキューバダイビングの時にコンタクトレンズをしても良いか?」という疑問について、解説します。

スキューバダイビングでコンタクトを使ってもよい?

実はいくつか注意点はあるものの、スキューバダイビング中にコンタクトレンズを使用していても全く問題はないのです。

スキューバダイビングの時には、必ず目と鼻をカバーするダイビング用のマスクを着用します。ダイビング用のマスクをすることにより、マスク内に水が入らず、目の周りは陸上と同じ状態を保つことが出来るため、コンタクトレンズを付けていても問題ないのです。

目に水が入らないことからコンタクトレンズが外れる心配もなく、コンタクトレンズを付けたままでも陸上と同じくクリアな視界を保つことが出来ます。

スキューバダイビングでコンタクトを使う際の注意点

スキューバダイビングでコンタクトレンズを使うときにはいくつか注意事項があります。

海水が入ったら必ず「マスククリア」

ダイビング用のマスクは目をカバーしてくれますが、海水が入る可能性は0ではありません。海水がマスク内に入ってしまうと、コンタクトレンズがずれてしまったり、海の中の小さなゴミが入ってしまう恐れがあります。水中にいる時には、コンタクトがずれたりゴロゴロしていても、コンタクトレンズを外すことはできません。

海水がマスクに入ってしまったら必ず「マスククリア」を行い、マスクから海水を抜いて下さい。顔を下向きにしたり目を閉じて行うなど海水が目に入らないように注意しながら行いましょう。

「マスククリア」は、スキューバダイビングを体験するときに必ず練習します。「マスククリア」とは、マスクの中を吐いた空気でいっぱいにして、空気の圧力で水をマスクの下側から出す方法です。

この方法をマスターすることでマスクの中に水が入っても、マスクの外に出すことができます。

軽度の近視ならばコンタクトレンズは不要

近視の度数が軽度で裸眼の視力が0.3程度あれば、コンタクトレンズをする必要はありません。

水中では陸上にくらべ屈折率(光を曲げる比率)が異なるため、陸上よりも物の大きさが約1.3倍程度大きく見えます。そのため、コンタクトレンズをしなくても、不自由なくダイビングを楽しむことができます。

スキューバダイビングでは文字を読むこともありませんし、運転免許のように視力が0.7以上なければいけないという決まりもありません。綺麗な海を見て、色とりどりの魚や景色を楽しめればよいのですから、陸上でもある程度見える人であれば、コンタクトレンズをする必要もないのです。

ハードコンタクトレンズは使用しない

日常でハードコンタクトレンズを使用している方も多いかと思いますが、下記の理由からスキューバダイビング中はハードコンタクトレンズは使用しない方がよいです。

  • 海水がマスクの中に入った時に外れやすく紛失しやすい
  • 潜ったときの圧力でコンタクトレンズが割れてしまうリスクがある
  • 水圧で目に負担がかかりやすく、傷をつけてしまう可能性がある

どうしてもハードコンタクトレンズを使いたいという方は、上記のリスクを踏まえた上で自己責任で使用して下さい。

スキューバダイビングに適したコンタクトレンズとは

スキューバダイビングに適したコンタクトレンズ

スキューバダイビングに適しているのはワンデータイプ(1日使い捨てタイプ)のコンタクトレンズです。
たとえどんなに澄んでいてきれいな海でも、海水中には目に見えないゴミや微生物が存在しています。目の病気を予防するためにも、海水に触れたコンタクトレンズは陸にあがったらすぐに新しいコンタクトレンズに交換する方が良いです。

2weekや1ヶ月タイプのコンタクトレンズだと、どうしてももったいなく感じてしまい、交換せずに使用して目にトラブルを起こす危険性があります。1枚あたりのコストが安いワンデータイプ(1日使い捨てタイプ)を使うようにしましょう。

紛失するリスクを踏まえて予備のコンタクトレンズを持って行くことをおすすめします。

なお、ワンデータイプのコンタクトレンズはアットスタイルレンズオンなどの通販サイトを利用すると眼科やコンタクトレンズ専門店の3割~5割引きの価格で買えますのでお買い得です。

ワンデータイプの代表的なレンズであるワンデーアキュビュートゥルーアイの価格や口コミも是非ご参考にしてください。

ワンデーアキュビュートゥルーアイはジョンソン&ジョンソンの1日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。 シリコーンハイドロゲル素材を使用することで、酸素透過・・・

心配ならば度入りマスクを使うのがよい

コンタクトレンズを水中で使用することに不安があれば、度入りのマスクを使用するのがよいです。

ツアーを主催している会社によってはレンタルすることもあります。自分に合った度数を揃えているとは限らないため、レンタルする場合は事前に問い合わせをしてください。

これから何度も使うのであれば、自分で購入して持って行くのも良いです。

通販大手の楽天やAmazonでは、近視用の度入りダイビングマスクは6,000円程度で購入できます。前述したように、水中では物が大きく見えるため、購入する際には現在の眼鏡の度数より下げて購入することをおすすめします。

近視の度数であれば多く販売されているのですが、乱視や遠視の度数であればオーダーメイドになります。価格は30,000円程度と、近視の度数に比べると5倍くらいの値段になります。また、乱視用・遠視用はオーダーメイドであり、作成に時間がかかるので、時間に余裕を持って注文しましょう。

まとめ

使い捨てタイプのコンタクトレンズであれば、スキューバダイビングで使用しても問題がないことを説明しました。

せっかくのダイビング、綺麗な海を満喫するためにも、ワンデーコンタクトレンズ、度入りゴーグルを忘れずに準備していきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook