処方せん不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

コンタクトレンズを使用できない人ってどんな人?

Pocket

コンタクトレンズを使用できない人

コンタクトレンズは手軽に視力の矯正が出来て、装着しても邪魔にならない優れた医療機器です。しかし、コンタクトレンズは誰でも使用できるものではありません。目の状態や使用する環境によりコンタクトレンズを使用できない場合が多々あります。
今回はコンタクトレンズを使用できない条件について紹介します。

目に病気や異常がある場合

目に何かしらの病気や異常がある場合は、症状にもよりますが、コンタクトレンズを使用することができません。無理をしてコンタクトレンズを装着すると、最悪の場合失明となる危険性がありますのでご注意ください。

重度のドライアイ

ドライアイは、涙が不足したり、涙の質が悪くなることによって、目の表面を乾燥する病気です。軽度のドライアイであれば、専用の目薬を差したり、ドライアイに強いシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズ(ワンデーアキュビュートゥルーアイなど)を使用するなどの対策を行うことにより、問題なく装用できます。

一方で重度のドライアイである場合は、目が乾燥した状態でコンタクトレンズを付けることとなるため、目に傷がつく可能性が非常に高く、ドライアイ以外の目の病気を併発する危険性があります。

ドライアイの方は、一度医師の診察を受けてコンタクトレンズを使用できるかどうか聞いてみた方が良いでしょう。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、花粉やほこりなどのアレルギーを引き起こす物質が目の表面に付着することで、目の表面の結膜に炎症ができて、充血や痛み・かゆみを引き起こす病気です。アレルギーがあったとしても、結膜炎を発症する前であれば、ワンデータイプのコンタクトレンズを使用したり、レンズのケアをしっかり行ったり、アレルギーを抑える薬を内服・点眼することなどの対策を行うことにより、問題なく装用できます。

結膜炎になってしまった場合は、コンタクトレンズにつく汚れによりさらにアレルギー性結膜炎が悪化し、重症となる危険性があります。また、かゆみで目をこすってしまうことにより、目の粘膜が傷つき、細菌による感染症を起こしてしまう危険性が高くなります。

アレルギー性結膜炎を発症した場合には、必ず医師の診察を受けた上でコンタクトレンズの使用可否を判断して下さい。

その他の目の病気(結膜炎・角膜炎・角膜潰瘍など)がある場合

目に病気がある方は痛みや異物感などがあり、コンタクトレンズを装着するのがそもそも難しい場合が多いのですが、治療が完了するまでは無理をして装着しないようにしてください。重症化する危険性があります。

また、コンタクトレンズを装着したことにより目の病気となった人も治療が完了するまでは同様にコンタクトレンズの使用を控えてください。なお、コンタクトレンズを使用して起こる病気については下記の記事を参考にするとよいでしょう。

コンタクトレンズ使用者の10人に1人がなんらかの目の病気になったことがあるというデータがあります。コンタクトレンズを適切に使用しないと後々まで障害が残ってしまうような病気に・・・

粉塵・薬品などが目に入りやすい環境にいる場合

工場や建設現場などで粉塵が目に入りやすい環境にいる場合や、教育・研究機関などで薬品などが目に入りやすい環境にいる場合はコンタクトレンズの使用を止めた方がよいでしょう。粉塵や薬品がコンタクトレンズと目の間に入ってしまうと目に傷が付き、病気となる危険性が高いです。

目の病気の場合と異なり、絶対に使用不可となる状況ではありませんし、防護レンズなどで目を守れる場合は問題ありません。医師と相談の上、コンタクトレンズの使用可否を判断した方が無難です。

コンタクトレンズの管理が出来ない場合

コンタクトレンズのレンズケアやコンタクトレンズの装着時間の管理などが出来ない人はコンタクトレンズの使用に向きません。例えば、小学生などの低年齢の子供がコンタクトレンズを装着する場合は親がしっかり管理をしてあげる必要がありますが、子ども一人で管理をしなければいけない場合は使用を止めた方がよいでしょう。

また、日々のレンズケアが面倒で出来ない人やコンタクトレンズをしたまま寝てしまうことが良くある人、不衛生な状態でコンタクトレンズの装着をしてしまう人、1日16時間以上長時間視力の矯正をしなければいけない人など、性格や職業上、コンタクトレンズの使用方法を守れない人は使用を控えた方がよいです。おとなしくメガネを使用しましょう。

まとめ

コンタクトレンズを使用できない条件について、目に病気・異常がある場合、環境上の問題がある場合、管理上の問題がある場合の3点について説明しました。コンタクトレンズは便利や道具ではありますが、コンタクトレンズを使用することで、重篤な目の病気になってしまっては大変です。病気や環境上の問題などからコンタクトレンズの使用に不安がある方は医師に相談の上、使用可否を判断するようにしてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook