処方箋不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

コンタクトレンズは何歳から使用可能?小学生でも大丈夫?

Pocket

コンタクトレンズはメガネに比べて視野が広く、ずれることもないので便利な視力矯正器具ですが、眼科によっては子供へのコンタクトレンズの処方を断っている場合があります。お子様にコンタクトレンズを使いたいと言われている親御さんは今回の記事を参考に検討してみてください。

コンタクトレンズは何歳でも装着可能

コンタクトレンズの使用に年齢制限は定められていないため、何歳からでも装着可能です。赤ちゃんでさえ、先天性白内障など医学的な理由でコンタクトレンズを使うことがあります。

近年ではコンタクトレンズの装着開始年齢の低下が進んでおり、高校生や中学生だけではなく、小学生、さらには幼稚園児からコンタクトレンズを使い始めている子供もいます。習い事や部活でスポーツをしているとメガネが邪魔になってしまうのでコンタクトレンズを使いはじめることも多いようです。幼稚園児や小学生だとバレエやダンスの発表会などのためにメガネの代わりにコンタクトレンズを装着することが多いようです。

子供の使用には管理が必要

コンタクトレンズに年齢制限が定められていないとはいえ、小さい子供がコンタクトレンズを使うことはおすすめできません。コンタクトレンズを使うためには毎日レンズのケアを行うことが必要ですし、使い捨てコンタクトレンズの場合、使用期間をきちんと把握なければいけません。

正しく管理できないと目にダメージを与えてしまいますので、自分で物事をきちんと管理できるようになってから使いはじめるようにしましょう。ほかにも子供の場合、居眠りしてしまうことが多いですがコンタクトレンズを着用したままで居眠りすると酸素が目に届かず負担をかけてしまいますので、注意する必要があるでしょう。

子供は目が小さいので装着が難しい場合も

子供は目が小さいので、コンタクトレンズがなかなか入りません。眼科の先生や看護師、親が手伝おうにも、目に入れるのを怖がってしまい、すぐに目をつぶってしまうため、初回の診察では装着できず、何度も眼科に通うことになるかもしれません。

何とか目に入った場合でも取り外しが出来ず苦労することも。最初は親が付き添って何度か眼科に通うことを覚悟した方がよいでしょう。

まとめ

コンタクトレンズは以前「管理医療機器」だったものが「高度管理医療機器」に変更されました。それだけコンタクトレンズの管理、ケアは目の健康に影響があるということです。

お子様がコンタクトレンズを使用される場合は、日々のケアにも気を配り眼科への定期健診に連れて行くようにしてあげてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook