処方せん不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

コンタクトレンズの表裏を簡単に見分ける方法

Pocket

悩み

コンタクトレンズを装着する際に裏表がわからなくなってしまうことがありませんでしょうか。裏表を間違えて装着すると見えづらく、異物感の原因にもなります。痛みを感じたり、目の中でゴロゴロしたりするので大体の人は気づくと思いますが、気づかずに逆に装着したままだと、目を傷つけることもあります。
今回は簡単にコンタクトレンズの表裏を見分ける方法を紹介します。

コンタクトレンズを指先の上に置いて見分ける

コンタクトレンズの表裏を見分けるポイントはレンズの縁です。レンズが裏返っている場合は縁が少し外側に反転していますので、指の上に置いて縁をよく確認してみましょう。

コンタクトレンズをつまんで見分ける

指の上に置いて縁を見ても表裏がわかりにくい時はレンズをつまんでみるといいでしょう。先ほどの指先の上での確認と同様に、レンズが裏返っている場合はレンズの縁が外側に反転しています。

表裏を識別するマークを見る

ジョンソン&ジョンソンのアキュビューシリーズにはレンズの表裏を識別するマークがあります。コンタクトレンズを外から見て、”123″または”AV”という文字が読めれば表。文字が逆になっており、読めなければ裏です。

まとめ

コンタクトレンズの表裏の見分け方について参考になりましたでしょうか。コンタクトレンズをつまんで見分ける場合は、爪を立てたり強くつまんでしまうとレンズに傷がついてしまう可能性がありますので気をつけてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook