処方せん不要のコンタクトレンズ通販サイトを価格・送料・口コミで徹底比較

コンタクトレンズの正しいケア方法

Pocket

回答する女性

コンタクトレンズは直接目に入れるものですので清潔な状態にしておく必要があります。そのためにはコンタクトレンズの正しいケア方法を理解することが重要です。

レンズケアが誤っていたり、レンズが汚れていたりすると、目の病気になってしまうことがありますので今回の記事を参考に正しいケアを行ってくださいね。

コンタクトレンズのケア方法の基本

1.爪は短くなめらかな状態にしておく

まず、コンタクトレンズのケアを行う前に爪の状態を確認してください。長く伸びた爪や欠けた状態の爪でコンタクトレンズを取り扱うと、レンズを傷つけてしまったり破いてしまうことがあります。

2.手を石鹸などでよく洗う

コンタクトレンズを入れる時だけでなく、外す時も石鹸などでよく手を洗うようにしましょう。特に外出後は手にたくさんの雑菌がついていますので必ず手を洗ってからコンタクトレンズを取り扱うようにしてください。

3.コンタクトレンズのケアに水道水は使わない

水道水にはアカントアメーバという微生物が潜んでいます。コンタクトレンズのすすぎ洗いや保管に水道水を使用するとコンタクトレンズを通してアカントアメーバが目に付着し、アカントアメーバ角膜炎という病気になってしまう恐れがあります。

アカントアメーバ角膜炎は良く効く薬がないため重症化しやすく、一度なってしまうと角膜表面を何度も削る治療を行うしかないという大変な病気です。アカントアメーバ角膜炎にならないためにも水道水は使用しないようにして下さい。

MPSでのケア

さて、ケアの基本を確認した上で、具体的な手入れの方法を見ていきましょう。簡単に正しいケアがしたい方はMPS(マルチパーパスソリューション)という消毒液でのケアがおすすめです。

MPSというと聞き慣れない言葉ですが、オプティフリー、コンプリート、レニューといった商品名は見たことがあるのではないでしょうか。洗浄、すすぎ、保存、消毒とレンズケアの全てをひとつの液で行えるケア用品で、簡単に手入れが出来ることから広く販売されています。

MPSでのケアの方法は以下のとおりです。

  • 石鹸などでよく手を洗ってからコンタクトレンズを外す
  • 手のひらにMPSを数滴たらしてコンタクトレンズを片面20往復程度こすり洗いする
  • コンタクトレンズをMPSですすぎ洗いする
  • MPSで満たしたレンズケースでコンタクトレンズを保管する

特に重要なのが、こすり洗いです。食器洗いをするときにすすぎだけでは汚れが落ちず、洗剤をスポンジに取って食器をスポンジでこすり洗いするのと同様に、コンタクトレンズもこすり洗いをしないと汚れや雑菌が落ちません。十分なこすり洗いとすすぎによって、細菌数は1000分の1にまで減ると言われています。目のトラブルを起こさないように十分にこすり洗いしましょう。

過酸化水素でのケア

目の健康と安全のためにしっかりとケアをしたいという方は過酸化水素でのケアがあります。MPSでのケアより手間はかかりますが消毒効果が高いのが特徴です。コンセプトワンステップ、エーオーセセプトクリアケア、ソフトメイトといった商品名で販売されています。

それでは過酸化水素でのケアの方法を見ていきましょう。

  • 専用のケースにコンタクトレンズを入れる
  • ケースを過酸化水素の消毒液で満たした後、中和剤を入れる
  • 消毒が完了するまで6時間以上放置する
  • コンタクトレンズを装着する際は別売りのすすぎ液ですすいでから使用する

ケアの方法で注意して欲しいのは装着時のすすぎについてです。すすぎの際は別売りのすすぎ液か、生理用食塩水ですすぎを行います。しかし、食塩水を水道水で作ってしまう方がいます。基本の部分でも触れましたが、水道水にはアカントアメーバという微生物がいるので、絶対に使用しないでくださいね。

また、6時間以上の付け置き(消毒・中和)が必要なのも過酸化水素によるケアの特徴です、6時間未満では消毒成分の中和が完全に行われず、残っている過酸化水素により目に刺激や痛みが感じられることがあるので注意して下さい。

まとめ

コンタクトレンズのケアは正しい方法で、毎日しっかりと行うことが大切です。結膜炎や目の病気になってからでは遅いですので丁寧なケアを心がけてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook
Link